フラット35借り換えのメリットとは?

フラット35の金利は2015年2月に最安値を更新し、その後、上昇の兆しは見えて来ていますが、未だに金利1%台で推移しています。
ですから、現在の金利よりも高い金利で住宅ローンを借り入れている人は、借り換えることで総返済額を減額することができます。
民間の金融機関の住宅ローンを利用している人は、長期固定金利のフラット35を選択すれば住宅ローン締結後は金利の変動に左右されないので返済終了まで毎月の返済額が固定されますから、長期に渡ってライフプランが建てやすくなります。
又、返済期間が残り少ない住宅ローンの場合は、より長い期間の住宅ローンに借り換えれば月々の返済額の負担軽減にもなります。
フラット35の金利が回復の兆しがみえてきたので、早めの行動が望ましいと思います。